2010年12月08日

また改訂版

久しぶりの更新がまた自分の本(しかも改訂版)の話で、大変気がとがめるのですが……



とりあえず、今回、VBA・関数を通してこのシリーズ初の1000ページ越え(もちろん、私が書いたものとしては、ということですが)。
しかもお値段は据え置き、という大変お買い得な一冊となっております。(^^;)

Excel 2010で、使用できる関数の数はかなり増えましたが、その多くは単なる改訂や名称変更で、まったくの新関数というのはそれほど多くありません。
特に新関数が多かったのが統計関数で、たとえば私が仕事で文書のサンプルとかを作るときに使いそうな関数は、あまりない気がします。

WORKDAY.INTLとNETWORKDAYS.INTLは、「.INTL」なしの旧関数と同様の機能ですが、休日の指定が結構細かくでき、確実に便利になったと思います。
順位を求めるRANK.EQとRANK.AVGとかは逆に面倒くさくなったなぁ、というのが正直な感想。(^^;)

あと、使い方によっては便利そうだと思ったのがAGGREGATE(集計用の関数)。ただ、エラー値を無視して集計できるのはいいのですが、集計対象として必ずしも配列を指定できるわけではないようで。
もう1つ、個人的な趣味で「面白そう」と思ったのがMODE.MULT(複数の最頻値をすべて返す)ですが……果たしてこの先、実際にこの関数を使う機会は来るのでしょうか?
posted by 土屋和人 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事