2008年08月20日

カスタマイズ

世の中には、ソフトのカスタマイズが好き、という人が結構いるようで。正直、私も嫌いなほうではありません。
作業がやりやすくなる、というだけでなく、カスタマイズすることで、そのソフトの機能をより深く理解できるような気もします。

ただ、ツールバーからメニューまでほとんど無制限に変更できたExcel 2003までに比べると、リボン方式に変わったExcel 2007では、カスタマイズの自由度は確実に低くなっています。

ツールバーのように「好きなところにボタンを置いておく」ことがまずできないし、リボンのカスタマイズ自体、できないわけではありませんが、ツールバーに比べるとかなりハードルが高くなっています。

多少カスタマイズし甲斐があるのがクイックアクセスツールバーですが、位置も限定(2箇所のみ)されて、なんだか狭苦しい感じ。
個人的には、最低でも「新規作成」「開く」「クイック印刷」「印刷プレビュー」あたりは追加しておきたいところです。(というか、これぐらいは基本として、最初から出ていてもよかったのでは、とも思うのですが)
でも、実際には、私は何も追加していません。

実は、「カスタマイズ好き」ではあるのですが、仕事柄、特にWindowsのデスクトップとOfficeに関しては、自らカスタマイズを禁じています。

その理由としては、書籍に掲載するスクリーンショットが、一般的な画面の状態と大きく変わってしまわないようにするため、というのが1つ。
また、カスタマイズした状態に慣れてしまうと、何が標準の状態かわからなくなり、操作の手順を説明するときに、うっかり、普通は存在しないボタンをクリックしたりしかねないからです。

というわけで、ときどき騒ぐカスタマイズの虫を抑えつつ、今日もOfficeボタンから「クイック印刷」を実行しています。
posted by 土屋和人 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18178136
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック