2008年11月01日

秘密

前作は途中であきらめましたが、最近またNHKの朝ドラを見るようになりました。
それでも前々作ほどハマっているわけでもなく、時計代わりというか視聴習慣というか……まあ朝ドラとの正しい付き合い方(?)という感じです。(^^;)

内容は、両親の離婚でそれぞれ自分が双子であることを知らずに育った姉妹が、ある日偶然出会い……というもの。
激しく笑わされたり泣かされたりするわけではないのですが、まあ不愉快になることもなく、平穏な気持ちで毎朝見ていられます。

ただ、こういう設定のドラマを見るたびに気になることが1つありまして……

それは、なぜ「秘密」にするのかなぁ、ということです。

どうせいずれはわかることなのであれば(結婚のときに戸籍を調べたりして)、幼いうちから教えておいたほうがショックも少ない……というかそれを当たり前のこととして受け止められるだろうし、たとえ血がつながっていなくても、それがわかったうえで、「家族」にはなれるんじゃないのかな?という気がするのです。

まあ、自分がそういう立場になってみないとわからないことというのはあるでしょうし、みんながそういう考え方だったらそもそもドラマにもならないだろうな、とは思いますが。(^^;)
ついそういう考え方をしてしまうから、私には小説が書けないのかもしれません。

ドラマネタですが、「レビュー」として書くほどのことではないので、このカテゴリで。(^^;)

※朝ドラを見てない人には何のことかさっぱりわからない文章だと思ったので(^^;)、説明を追加しました。
posted by 土屋和人 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22233571
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック