2008年11月27日

DrawingObjectオブジェクト

昨日の記事の「Sheetオブジェクト」と同じような間違いを、自分がずっとしていたことに、今朝初めて気がつきました。

タイトルの「DrawingObjectオブジェクト」がそれです。
描画オブジェクトのコレクションを表す「DrawingObjects」ならあるのですが、単体の「DrawingObject」というオブジェクトは存在しません。
これまでにあちこちで(印刷物含め)書いてきたことなので、結構大きなミスだったと反省しています。
とりあえずWebサイトの記事内容は修正しましたが、いずれ改めて該当ページ全体を再検証する必要があるかもしれません。

この機能について説明する文章では、主としてDrawingObjectsコレクションで描画オブジェクトを一括操作するような方法を紹介してきたので、これまでは気がつきませんでした。
たとえば、For EachでDrawingObjectsコレクションの各要素を操作する際、オブジェクト変数の宣言でデータ型を指定するときに問題となります(まさにSheetsの問題と同じケースです)。
「Dim d As DrawingObject」のような指定の仕方ではエラーになってしまうので、「Dim d As Object」などとしなければならない、ということです。

ただ、DrawingObjectsコレクションのメンバーは、Rectangleなど個々の種類の図形を表すオブジェクトになってしまうので、この機能について説明する文章の中では、これらを総称する言葉がないと不便です。
そういう意味で、あくまでも便宜上の用語として、(「実際には存在しない」という説明を加えたうえで)「DrawingObjectオブジェクト」という言葉自体は今後も使用していきたいとは思っています。
posted by 土屋和人 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23452755
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック