2009年01月03日

Drawingオブジェクト

DrawingObjectオブジェクトはありませんが、Drawingというオブジェクトならあります。そのコレクションは、Drawingsコレクションオブジェクトです。

たとえば、次のようなVBAのコードで作成できます。

ActiveSheet.Drawings.Add 50, 50, 100, 250, False

Excel 2003、2007のどちらでも作成可能で、図形名は、2003では「Drawing ○」、2007では「フリーフォーム ○」になります。
つまり、最近のExcelでいうと「フリーフォーム」に相当する図形のようで、最初からフリーフォームとして作成した図形も、Drawingsの1つとしてカウントされます。

最初は旧タイプの(四隅がハンドルで囲まれるタイプの)「線」なのかな?と思っていたのですが、そういうわけでもなかったようです。
AddVertexメソッドで頂点を追加したり、Reshapeメソッドで頂点の位置を変更したりすることも可能です。

Webサイトのほうでは各種のレガシーオブジェクト(現在も使用可能な図形の旧式のオブジェクト名)を紹介していますが、これは漏れていたので、とりあえずこちらに書いておくことにしました。
そのうち、Webサイトのほうにも追加します。
実はページの構成自体を見直したいのですが、そこまでの余裕はないかな……。
posted by 土屋和人 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25117791
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック