2009年03月08日

両端揃え?

Excel 2007で、リボンの「ホーム」タブの「編集」グループの「フィル」に入っている「両端揃え」っていったい? ……と思ったら、これは従来のExcelでいう「文字の割付」のことでした。

セルの幅を超える分の文字列を下のセルに送ってくれる機能。
知っていると、いざというときには結構便利な機能ですが……その「いざというとき」は、たぶんそれほど多くはないと思います。(^^;)
使用頻度がそれほど多くないからこそ、こういう変え方はいかがなものかと。

「文字の割付」も決してわかりやすい名称ではありませんでしたが、「両端揃え」では、わかりづらいうえに紛らわしい。
何しろ、文字の配置関連でも、同じ名称の設定が存在するわけですから。

しかも、このコマンドにマウスポインタを合わせていると表示されるポップヒントの内容は「文字の割付」。
さらに、クイックアクセスツールバーのカスタマイズでコマンド一覧に表示される「両端揃え」は文字配置関連の機能のほうで、文字列を分割してくれるほうの機能はやはり「文字の割付」です。

Excelライターとしては、こういうコマンド名の微妙な変更にはいつも泣かされています。
リボンUIの採用に伴うコマンドの配置の再構成で、「あれはどこへいった?」というのが結構あったわけですが……この場合、「フィル」の中に入っているからまだ何となくわかるとはいえ、やはりコマンド名は下手に変えないほうがよかったのではないかと。
posted by 土屋和人 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27448645
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック