2009年07月22日

微妙な名称変更

Excel 2003から2007になって、機能自体はそれほど変わっていないのに、UIに表示される名称が微妙に変わってしまったコマンド、というのがいくつかあります。

たとえば、
「オートフィルタ」→「フィルタ」
「入力規則」→「データの入力規則」
「集計」→「小計」
など。

「オートフィルタ」は別に「フィルタ」になっても構わないのですが、旧「フィルタオプションの設定」の機能も含めて「フィルタ」と呼んでいたので、こういう機能の総称が必要な時にちょっと困る気がします。
ちなみに、旧「フィルタオプションの設定」は、2007では「詳細設定」……って、これだけでは何の「詳細」なんだかさっぱり(^^;)。

「入力規則」に関しては、2003でもダイアログボックス名は「データの入力規則」だったので、もともとこっちが正式な機能名だったのかな(何を持って「正式」とするか、というのも難しい問題ですが)、という気がなきにしもあらず。

「集計」を「小計」にするのは、なんだか「総計」が除外されてしまったみたいで変な感じです。

まあ、どっちでもいいといえば全部どっちでもいいのですが(^^;)、実は今、VBA関連の本を書いていて結構困っているのが、コードの操作に対応するExcelの機能名を紹介するとき。
AutoFilterオブジェクトはつい「オートフィルタ」と書いてしまうし、Validationオブジェクトは単に「入力規則」としてしまいがちです。
一応「2003対応」という前提ですし、「コマンド名」というより「機能名」ということで見出しなどに入れる場合は、なんだかそれらのほうが納まりがいい気もしてしまうのですが。

ちなみに、Excel 2007のVBAヘルプの「AutoFilterオブジェクト」や「Validationオブジェクト」の項目の解説では、「オートフィルタ」「入力規則」となっています(^^;)。
posted by 土屋和人 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30732812
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック