2009年08月05日

定数

このところやってたVBA関連の仕事が、ようやく一区切りつきました。

で、今回改めて「どうしたものか?」と思ったのが、「定数」という言葉の扱いでした。

VBAの本なので、当然、「定数」といえばVBAの組み込み定数やユーザー定義定数のこと……なのですが、Excelのワークシート上の操作では、また違った意味で「定数」という言葉が出てきます。
こちらは、つまり、セルに入力されている、数式でないデータのこと。また、数式に含まれている数値や文字列データなども「定数」と呼びます。

VBAのコードのサンプルでは結構SpecialCellsメソッドを使ったのですが、その引数Typeに指定できる定数xlCellTypeConstantsを、果たしてどう説明するか?

Excel VBAのヘルプを見ると、この定数を指定した場合は「定数が含まれているセル」が取得される、と臆面もなく(^^;)書いてあります。

VBAの本なので、Excel自体にはもともとある程度知識を持っている人が主な読者だとは思うのですが……ただ、ひょっとすると、Excel用語としての「定数」(非数式)というのも、実はそれほど一般的ではないのではないか、という気もしています。
たとえば、数式をその計算結果に変換する操作は、「定数に変換する」ではなく「値に変換する」といいますし。
(この「値」という用語もなかなか厄介ですが……まあそれはまた別の話)
「定数」という用語が出てくる機能は、「条件を選択してジャンプ」(要するにSpecialCells)ぐらいでしょうか?

Excel用語、VBA用語のどちらの「定数」にも初めて出会った読者は、結構混乱してしまうのではないか? という危惧を抱いています。
(一応、それなりに気をつかって書いたつもりですが)
posted by 土屋和人 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(1) | Excel
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31075576
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

エクセル 変換 簡単です
Excerpt: エクセル・変換を簡単に説明しました。 PDF,xlsx,jpg,2007,ワード,全角・半角,文字列,日付,おかしい,遅いなどです。
Weblog: エクセル 変換 簡単です
Tracked: 2009-09-10 19:49