2009年10月06日

いずれかがいずれかであればOK

【数式クイズ】 難易度:★★★★☆
A2:D2のセル範囲に各社の担当者名が入力されています。
このうちのいずれかが、「佐藤」「中村」「高橋」のいずれかであれば「該当者あり」、いずれも違っていれば「該当者なし」と、A4セルに表示します。

quiz22.jpg

quiz21.jpg

これをできるだけ文字数の少ない数式で実現したい場合、A4セルにはどのような数式を入力すればよいでしょうか?


【解答例】
=IF(OR(A2:D2={"佐藤";"中村";"高橋"}),"該当者あり","該当者なし")

A4セルにこの数式を入力し、CtrlキーとShiftキーを押しながらEnterキーを押して、配列数式として確定します。

OR関数の引数に配列を指定すると、その各要素のいずれかがTRUEであればTRUEを返します。
ここでは、A2:D2を横方向の配列と見なし、それに縦方向の配列を掛け合わせた、いわば平方配列として各要素の比較を行っています。

ちなみに、TRUE/FALSEに共通する「該当者」の部分をまとめて、IFの前に「"該当者"&」のように付ける手もありますが、文字数は変わらないうえに余計な処理が増えることになります。
posted by 土屋和人 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Excelクイズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32703463
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック