2009年10月19日

出席番号を表示する

【数式クイズ】 難易度:★★☆☆☆
A2:A8のセル範囲に、生徒の名前の読みがなが入力されています。
これをもとにして、五十音順の出席番号を、その右隣のセルに表示させます。

quiz30.jpg

なお、よく似た名前はありますが、同姓同名の生徒はいないものとします。
まずB2セルに数式を入力し、この数式をB8セルまでコピーします。

B2セルにはどのような数式を入力すればよいでしょうか?


【解答例】
=COUNTIF(A$2:A$8,"<="&A2)

この問題で書いたように、COUNTIF関数やSUMIF関数では、文字列を対象とした比較ができます。
今回の問題はその応用例です。

※追記
ちなみに文字数の少なさを追求するなら、
=SUM((A$2:A$8<=A2)*1)
で、Ctrl+Shift+Enterで配列数式として確定、といった方法もあります。
posted by 土屋和人 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Excelクイズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33014079
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック