2009年10月27日

空白の場合は空白を表示

【数式クイズ】 難易度:★★☆☆☆
A1:B7のセル範囲は、名前とその得意技の一覧表です。
D2セルにこの表の中の名前を入力すると、E2セルにその人の得意技が表示されます。

quiz34.jpg

得意技がない人は表では空白なので、そのまま空白を表示します。

quiz35.jpg

ただし、Excelのオプションや、E2セルの表示形式、条件付き書式などは特に設定しておらず、初期状態のままだとします。

これをできるだけ簡単な数式で実現したい場合、E2セルにはどのような数式を入力すればよいでしょうか?


【解答例】
=VLOOKUP(D2,A2:B7,2,FALSE)&""

VLOOKUP関数の戻り値が空白セルを参照する形になる場合、通常は空白ではなく0になってしまいます。
ここで空白を表示するためにIF関数を使っていたのでは、数式が長くなります。
このケースでの戻り値は文字列なので、空白文字列("")を結合することで、空白セルの場合はそのまま空白として表示することができます。
(このネタは、実は以前にもこのブログで書いてます)

なお、数式を「簡単」にするということをさらに突き詰めると、

=VLOOKUP(D2,A2:B7,2,)&""

のように「FALSE」を省略することもできます。
この場合、列番号を表す「2」の後に「,」が付いているのがポイントで、これがないと「TRUE」が指定されたことになってしまいます。
posted by 土屋和人 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Excelクイズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33219251
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック