2009年10月29日

関数の引数の省略

前回の数式クイズの解説部分で、VLOOKUP関数の第四引数検索の型を省略すると「FALSE」を指定したのと同じになる(つまり完全一致での検索)、と書きました。
これについて少々補足を。

一般に、ヘルプや解説書などを見ると、検索の型を省略するとTRUEを指定したことになる(つまり昇順の表で近似値を含めて検索)、と書かれています。

これは、前にも書いたように、第三引数列番号の後に「,」(カンマ)を付けるかどうかがポイントとなります。

カンマがなければ、Excelはそもそも「その引数が指定されていない」と見なします。
「省略時はTRUE」なので、TRUEが指定されたものとして処理を行います。

一方、カンマがあると、「その引数が指定された」と見なします。
「指定はされたけどそこには何もない」という状態です。
「何もない」場合、Excelはその部分を0(関数によっては空白文字列)として処理します。
たとえば、「=AVERAGE(3,3)」は「3」ですが、「=AVERAGE(3,3,)」や「=AVERAGE(3,,3)」は「2」になります。

VLOOKUP関数の話に戻すと、0はFALSEと等価なので、FALSEが指定されたのと同じ結果になる、というわけです。

省略可能な引数であっても、省略の仕方によってはこのような違いが出てくることは、認識しておいたほうがいいでしょう。
posted by 土屋和人 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33260899
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック