2009年11月20日

アメトーーク!「人見知り芸人」

年のせいか、最近ますます朝早く目が覚めるようになり、その分、夜遅くまで起きていられなくなってきました。
「アメトーーク!」という番組は以前からときどき見てはいたのですが、昨日の「人見知り芸人」というくくりはちょっと自分の中のアンテナに引っかかるものがあったので、録画しておいて今朝早く(ちなみに5時起き)見ました。

出てきた芸人さんたちが、確かに人見知りではあるのでしょうが腕のある人たちばかりだったので、ネガティブなエピソードが笑える話として語られています。

・話の輪に加われず、ペットボトルのラベルを読みこむ
・共演者と帰りに一緒になりたくないのでエレベーターではなく非常階段を使う
・飲み会で話に加われずつまみにも手を出せないので、終わって外へ出てから一人で発散する

といった具合で、ほとんどの話が「わかる!」と思わされるものばかり(下ネタ系を除く)。

たぶん今頃ネット上では「自分も自分も」というブログや掲示板での書き込みがあふれていることでしょうが……(^^;)

私の場合も、親しい人ばかりの飲み会ならまだいいのですが、一人での自宅仕事になってからの期間が長いせいか、最近では「昔親しかったはずの人」と久しぶりに飲んでも、なんとなく緊張してしまって話題に困ることがあります。
たまに仕事の打ち上げやちょっとしたパーティーなどの誘いがあっても、ほとんど端っこのほうで、黙ってビールばかり飲んでいます。
(なので最近はあまり出なくなりました)

街で知っている人を見かけても、気が付かなかったふりをして逃げてしまったり。
近所の人とも、会えば挨拶ぐらいはしますが、それ以上の会話を交わした記憶はほとんどないし……。
人にインタビューする仕事なんかよくやってたなぁ、と自分でも思います。
(なのでかどうか、今は一切そういう注文はありません)

まあ、40超えたいいおっさんがそれでいいのか、とは自分でも思うのですが……。
アンタッチャブルはともかく、千原せいじさんは見習いたいものだと思いました。

※ちなみに先週の「思いついたコトすぐ言いたい芸人」はなんとかリアルタイムで見ました。
思った通りネット上では賛否両論(というか否が多い)のようですが、ネタ元が割とわかったせいか、私としては結構笑って見てました。
posted by 土屋和人 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 何でもレビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33751297
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック