2010年05月08日

Word VBAのテキスト処理

Wordは、Excelよりもよく使っていますが、その用途も、利用する機能も、私の場合、非常に限られています。
とりあえず、Wordを使って「完成品」を作るということはほとんどありません。

通常の「完成品」は、DTPソフトによるレイアウトデータ(ごくまれにWeb用のHTMLデータ)であり、Wordではテキストを書くことだけが目的です。
作業しやすいようにページ設定を少し変更することはありますが、Wordの機能だけで凝ったレイアウトの文書を作るといった使い方はまずしません。

文章を書くだけならWordではなくテキストエディタなどでもいいのですが、編集者などとのやり取りで、文字の書式を一部変えたり、画像を貼り付けたり、コメントを付けたりといった操作が必要になる場合もあります。

また、自分で書くだけでなく、他の人が書いた原稿を編集する仕事もあります。
人から受け取る原稿も、最近はWordのドキュメントである場合がほとんどです。

編集の作業というのは、基本的には、文章を目で追っていって、問題のある部分を地道に修正していくものです。
ただ、用語の統一など、機械的に処理してしまえる作業もあり、こういう部分でWordのマクロ機能が利用できます。

もちろん、テキストエディタにもマクロ機能を備えているものは数多くあり、Wordよりも高速かつ効率的な処理が可能なソフトもあるでしょう。

Word VBAを使ったテキスト処理で便利だと思うのが、テキストのWord単位……という書き方は紛らわしいですね(^^;)、単語単位での処理機能です。

日本語の場合は英単語のように間にスペースが入らないので、ひらがな、カタカナ、漢字といった文字種の区切りでしか「単語」が識別できないのでは、と思いこんでいたのですが、実際には

名探偵登場シーンで豚カツを食べ終えた

という文章(変な例文^^;)を

名探偵|登場|シーン|で|豚カツ|を|食べ終えた

のように、ある程度正確に単語単位で区切ってくれます。

もちろん、「豚カツ」ではなく「串カツ」の場合は「串」と「カツ」が別単語と見なされるなど、100パーセント正確に単語を判断してくれるわけではありません。
ただ、その限界を踏まえたうえで、それが問題にならないような処理であれば、応用できる処理の種類はいろいろとあると思います。

※5/9修正
本当はこの後に単語単位での処理機能の利用法の例があったのですが、あまり適切な例ではなさそうな気がしてきたので、カットしました。
また何かいい例を思いついたら再修正します。
posted by 土屋和人 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Word
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37709112
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック