2013年06月16日

PowerPoint VBA

PowerPointは、正直、仕事ではほとんど使わないので、どういう場面でVBAを使えば便利なのかがよくわかりません。
PowerPointの場合、バージョンが上がるごとにVBAの日陰度(^^;)が増しているような気もするので、実際問題、あまり使われてもいないのでしょう。

先日、よく仕事をもらっている会社の人から、Excelで作成した大量のグラフをまとめてPowerPointに移行したい、という相談を受けました。
単にコピー・貼り付けするのではなく、PowerPointの内部で作成した形にして(結局はExcelの機能ですが)、書式などもExcelで設定したものを流用したい、とのこと。

これこそVBAの出番!と思い、試しに組んでみました。
まあ、やってる内容自体ほとんどExcelで、PowerPointならではという部分は少なかったのですが・・・
しかもVBAによる完全自動処理というわけにもいかず、最終的に1つ1つ開いて目で確認して微調整、という作業も必要にはなりました。

結局、PowerPointでVBAが必要になるのは、こんな感じの「一括で大量に何かする」というケースなのかな、と思いました。
とりあえず思いつくのが、図形に対する一括処理とかですが、それはそれで実際のニーズとしてはどうなんだろう?

もしこの記事をお読みの方で、何か具体的な「PowerPointでVBAが必要なケース」をご存じの方は、お教えいただけるとうれしいです。
タグ:VBA PowerPoint
posted by 土屋和人 at 12:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事
この記事へのコメント
こんにちは
VBAに適しているかわかりませんが、使いにくいのは図形の描画です。位置合わせなど。
でも、多分今後も私はパワポでVBAは使わないと思います (^^;)
Posted by Zugon at 2013年06月21日 11:24
Zugonさん、コメントありがとうございます。
デザインワークが主体になると、どっちにしてもVBAの出番はあまりないですよね。
PublisherなんかもVBAは使えるんですが・・・
あと、PowerPointに限った話ではないですが、2013ではVBAに関する公式の情報が極端に減ってしまった気がします。
Posted by 土屋和人 at 2013年06月22日 08:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69519563
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック