2014年03月27日

連載中

現在、2つの雑誌でExcel関係の連載をさせていただいています。

1誌は以前にも書いた「日経パソコン」誌で、ここ何期か連続で「Excelスキルアップ講座」を書かせてもらっています。
同誌は書店売りはされておらず、定期購読のみ。月2回刊です。
最新号には、「日付と時刻」をテーマにした6回連載の最終回が掲載されており、次回からは新たに「書式設定」をテーマにした連載が始まる予定です。

もう1誌は「日経PC21」誌で、最新の2014年5月号から新たに「エクセル操作講座」の連載が始まりました。
第1回のテーマは「テーブル」。

始まる前は割と甘く考えていたのですが、なんだかんだで月3本というのはやっぱり結構ハードでした(^^;)。
それらと、そのほかの仕事の合間に、久しぶりの投稿。
posted by 土屋和人 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年08月12日

Word VBA本についてのお知らせ

ネット書店には少し前から情報が出始めていましたが、9月の中旬に、技術評論社さんからWord VBAの本を出させていただきます。

書名は『最速攻略 Wordマクロ/VBA徹底入門〔Word2013/ 2010/2007対応版〕』です。

内容的には、私家版の『Word VBA基本&活用テクニック』に2013の情報を加えたというだけでなく(そういう意味では、むしろ2013ならではという部分はそれほど多くありません)、私家版に欠けていた部分をいろいろと補い、新しい情報も加えて、より充実した内容になっています。
特に、「テンプレート」を中心としたWordマクロの活用モデルを、この本ではより明確に提示できていると思います。
また、私家版では編集者もなく、独りよがりな部分が目立ちましたが、今回は解説自体のわかりやすさもかなり増しているはずです。

『Word VBA基本〜』は現在DLmarketにてダウンロード販売中ですが、情報的にはこの新しい本とかぶる部分も多いため、今月(2013年8月)いっぱいをめどに、販売を終了することにします。
ある日突然販売終了というのもどうかと思ったので、事前に予告させていただきました。
あらかじめご了承ください。
タグ:word VBA
posted by 土屋和人 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2013年06月16日

PowerPoint VBA

PowerPointは、正直、仕事ではほとんど使わないので、どういう場面でVBAを使えば便利なのかがよくわかりません。
PowerPointの場合、バージョンが上がるごとにVBAの日陰度(^^;)が増しているような気もするので、実際問題、あまり使われてもいないのでしょう。

先日、よく仕事をもらっている会社の人から、Excelで作成した大量のグラフをまとめてPowerPointに移行したい、という相談を受けました。
単にコピー・貼り付けするのではなく、PowerPointの内部で作成した形にして(結局はExcelの機能ですが)、書式などもExcelで設定したものを流用したい、とのこと。

これこそVBAの出番!と思い、試しに組んでみました。
まあ、やってる内容自体ほとんどExcelで、PowerPointならではという部分は少なかったのですが・・・
しかもVBAによる完全自動処理というわけにもいかず、最終的に1つ1つ開いて目で確認して微調整、という作業も必要にはなりました。

結局、PowerPointでVBAが必要になるのは、こんな感じの「一括で大量に何かする」というケースなのかな、と思いました。
とりあえず思いつくのが、図形に対する一括処理とかですが、それはそれで実際のニーズとしてはどうなんだろう?

もしこの記事をお読みの方で、何か具体的な「PowerPointでVBAが必要なケース」をご存じの方は、お教えいただけるとうれしいです。
タグ:VBA PowerPoint
posted by 土屋和人 at 12:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事

2012年08月25日

Excelの「配列」の本

まだ発売前ですが、結構前からAmazonで「予約受付中」の情報は出ています。

すぐわかるSUPER Excel配列マジックを極める 営業、経理、総務もこれでExcelマスター! 面倒な集計や計算処理が格段に楽になる!

実は最後の章の原稿を書いているときにすでにこの本のタイトルが出ていて、ページ数まで明記されていたので、正直滅茶苦茶焦りました。(^^;)

VBAは扱っておらず、解説しているのはあくまでも数式における配列だけです。
この本と重複しているネタも結構ありますが、今回の本では配列のイメージ図を掲載して、数式の構造をより詳しく解説しています(逆に、当然ですが、配列を使用しない数式のテクニックはほとんど出てきません)。

Excelの「配列」は、かなり前からやりたいテーマではあったのですが、なかなか出版社に企画が通りませんでした。
今というタイミングには正直若干の疑問もあるのですが(2007より前のほうがよかった?とか、2013が出る直前のこの時期に?とか)、改めて配列の「便利さ」と「面白さ」を再確認できました。

もちろん、ビジネスとしては「便利さ」を強調しなければいけないのでしょうが、(あくまでも個人的には)配列の「面白さ」をより多くの人に知ってもらいたい、という思いが常に胸にありました。

特に最後のほうの項目は結構エスカレートして、ビジネス的な「実用性」とはやや離れてしまったかもしれませんが、その分、マニア的な「面白さ」は濃くなっていると思います。
締め切りに追われてヒートアップして書いた部分なので、何か大きなミスをしていないかが心配ではありますが……(^^;)

Excelの数式でよりいろいろなことをしたい方、Excelが好きで極めたい方、複雑な数式を作って職場で「わぁ、すごい!」ともてはやされたい方にはオススメの一冊です。
タグ:配列
posted by 土屋和人 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2012年04月23日

「日経PC21」6月号の数式クイズ

「日経パソコン」での連載の仕事が途切れてからはや半年以上が経ちますが(^^;)、このたび「日経PC21」の特集記事に関わらせていただきました(書かせていただいた、と書くのは、実はちょっとおこがましいので)。

本日その見本誌が届きました。
発売予定日は24日とのことでしたが、もう書店等には出てるんですかね?
近所のコンビニを眺めた限りではまだ見つかりませんでしたが……

内容は、このブログでもときどき書いていた「数式クイズ」で、ネタも少し流用していたりします。
ただし、数式そのものを直接答えるわけではなく三択形式で、穴埋め問題がメイン。
結構親切なヒントも付いています。
この雑誌で昔やっていた「表計算大会」などではかなり難易度の高い問題も出されていたと記憶していますが、そこまでやると大多数の読者を置き去りにしてしまう、という判断のようでした。

それから、打ち合わせのときに編集担当者の要望として出てきたのが、クイズという一種のお遊びなので、できれば多少笑える要素がほしい、ということでした。
結局それほどご要望には応えられなかったのですが、とりあえず担当の人に一番受けていたのはQ11の画面のA5セルの内容でした。
ただ、これがわかってもらえるのは、それなりの年齢の人かもしれません。(^^;)
タグ:Excel 日経PC21
posted by 土屋和人 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2011年07月09日

ショートマクロ

最近日経パソコンで記事を書かせてもらっている、と書きましたが、7.11号から新たに「ビジネスに役立つ Excelショートマクロ活用術」という連載が始まりました。
全6回の予定です。
http://pc.nikkeibp.co.jp/pc/npcs/index.shtml

要するに、VBAのイミディエイトウィンドウを使って、普通にやったのでは面倒な作業を簡単に解決してしまおう、というもので、コンセプト的には以前技術評論社さんから出させていただいた『Excel VBA 1行コード活用辞典』という本に近いです。
あまり売れなかったからリベンジ(^^;)……というわけではありませんが、もともと単行本でやるより雑誌のほうが内容的には向いていたかもしれません(本では結構苦しいネタもありましたし)。
Excelのバージョンも上がったので、当時とは「できること」や「この方法でやると便利なこと」がだいぶ変わってきてもいます。

ちなみに日経パソコンは定期購読のみで、書店では売っていません。
興味のある方は、図書館などで探してみてください。
posted by 土屋和人 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2011年05月30日

ミニひと目でわかるExcelビジネス文書作成術

このところ雑誌「日経パソコン」にExcelの記事を書かせてもらったりもしていたのですが、今回、日経BPさんから初めて本を出させていただくことになりました。



えー、要するに、久しぶりの更新がまた宣伝です(^^;)。どうもすいません。

Excel作例集のようなものは、これまでにも技術評論社さんで何冊か出させていただいています。
それらに比べると、この本で紹介している作例の数はやや少なめですが、その分、作成手順を詳しく解説しています。

ここで紹介している作例そのものが必要でない人でも、解説している内容はいろいろな文書に応用できると思います。
posted by 土屋和人 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(2) | 仕事

2010年12月08日

また改訂版

久しぶりの更新がまた自分の本(しかも改訂版)の話で、大変気がとがめるのですが……



とりあえず、今回、VBA・関数を通してこのシリーズ初の1000ページ越え(もちろん、私が書いたものとしては、ということですが)。
しかもお値段は据え置き、という大変お買い得な一冊となっております。(^^;)

Excel 2010で、使用できる関数の数はかなり増えましたが、その多くは単なる改訂や名称変更で、まったくの新関数というのはそれほど多くありません。
特に新関数が多かったのが統計関数で、たとえば私が仕事で文書のサンプルとかを作るときに使いそうな関数は、あまりない気がします。

WORKDAY.INTLとNETWORKDAYS.INTLは、「.INTL」なしの旧関数と同様の機能ですが、休日の指定が結構細かくでき、確実に便利になったと思います。
順位を求めるRANK.EQとRANK.AVGとかは逆に面倒くさくなったなぁ、というのが正直な感想。(^^;)

あと、使い方によっては便利そうだと思ったのがAGGREGATE(集計用の関数)。ただ、エラー値を無視して集計できるのはいいのですが、集計対象として必ずしも配列を指定できるわけではないようで。
もう1つ、個人的な趣味で「面白そう」と思ったのがMODE.MULT(複数の最頻値をすべて返す)ですが……果たしてこの先、実際にこの関数を使う機会は来るのでしょうか?
posted by 土屋和人 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2010年09月06日

改訂版

改訂版なので、あえて紹介するほどのものではないとは思いますが……。
内容的にも、VBAに関しては、2010ならではの新機能という部分はそれほど多くはありません。



ただ、Amazonでこの本の詳細ページを見てみたら、新刊なのになぜかコメントが何件か付いている……しかもその日付が2002年とか。
「?」と思ってよく読んでみたら、「Excel VBAパーフェクトマスター」の最初の版(2000/2002対応版)に対するコメントでした。
古いほうの本にもそのコメントが表示されており、要するに、違う本(改訂版でも当然ISBNは異なります)に同じコメントがダブって付いている、というよくわからない状態。

コメントの内容は、基本的には好意的だったと思うのですが、ややネガティブな評価もあり、しかもその点は以降の版では当方も気をつけて直しているところ。
その問題点が最新版でも残ったままだと思われたらいやだな、と考え、Amazonにメールを送って対処をお願いしました。

1回目の問い合わせではあまり要領を得ない返事だったので、改めて詳しく説明したところ、「それではコメントを非掲載にします」との回答。

しばらくして確認してみたところ、確かに改訂版に付いていた旧コメントは消えていたのですが……

……なぜか、古いほうの版のコメントまで消えていました。
うーん、なんだかな〜(^^;)

ちなみに、もうちょっとしたら関数パーフェクトマスターの改訂版も出る予定です。
関数に関しては、2010ならではの新しい情報は結構多いです。
posted by 土屋和人 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2010年03月04日

DTPのお仕事

現在は、ライティングではなく編集……というよりはほとんどDTPメインの仕事をやっています。
設備投資をしたわけではなく、以前書いた通りのかなり古い環境のままなので、ときどきパワーキーを押してもMacが立ち上がらなかったり、起動中に落ちてしまったりという、かなりスリリングな状況です。
それでも、発注元さんとしても下手に新しいソフトを使われても困るみたいなので、とりあえずこの状況のまま作業しているわけです。

しかもこれがまためちゃくちゃタイトなスケジュールで、本当はこんなこと書いてる暇はないのですが(^^;)、半分やけになっています。

ところで、前にもちょっとWordのVBAについて触れましたが、実は以前からコツコツと、Word VBAの本をPublisherで作ってました。
もちろん仕事ではなく、完全なる趣味で(笑)。

でもせっかく書いたんだから、PDF本としてネットからダウンロードしてもらう形で販売できないかなぁ……などと思っていて、本のほうはもう大体完成しているのですが、こんな状況になってしまっては、とてもそういう仕組みとかは作れそうにないですね。(^^;)

とにかく、そういう状況なので、またしばらく書き込みはできないだろうと思います。
posted by 土屋和人 at 12:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事

2009年11月16日

ウィンドウズ7初級キレ技

「システム手帳式」という講談社さんのシリーズに関わらせていただきました。



Windows 7はちょうどタイミングもあってちょっとタナボタ的にいただいた仕事で、できればExcelでも1冊出させていただきたいところなのですが……このシリーズではすでにいろいろな方がExcelに携わっていらっしゃいますし、時期的な問題もあるし、新しい切り口というのはなかなか難しいかもしれません。

で、これで単行本の仕事が切れてしまい、現在少々焦り始めています。(^^;)
(単行本以外では1つやっていますが、この作業ももうすぐ終わりそう)

何かいいお仕事の口があったら、どうぞよろしくお願いします。
別にライティングに限らず、結構何でもやりますので。
posted by 土屋和人 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2009年09月01日

コンピューター

最近、仕事でWindows 7(RTM版)を触っています。

Windows 7そのものについての紹介や感想などはここでは書きませんが、一点だけ触れておきたいのは、スタートメニューやウィンドウなどに表示されるカタカナ語が、以前にも書いた通り、末尾に長音記号が付く形になっていることです。

つまり、「コンピュータ」ではなく「コンピューター」、「フォルダ」ではなく「フォルダー」のような表記です。
危惧していた通り、原稿を書いていて、何度か間違いそうになったのですが。(^^;)

一方で、「ライブラリ」「ディレクトリ」「レジストリ」などの「〜y」の単語には、従来通り長音記号は付かないみたいです。

ちなみに「ライブラリ」というのはWindows 7の新機能で、便利といえば便利なんですが、慣れないうちはかえってわかりにくいような……。
実は、私も少々混乱してしまいました。(^^;)
posted by 土屋和人 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2009年08月27日

Excel 3行マクロ

今日見本が届きました。



3行という縛りがあって、しかもそれなりに処理内容のバランスも考慮するというのが結構大変でした。
正直、中には結構苦しいもの(無理に3行にしているみたいな)も……。

内容的には以前書いた「Excel VBA 1行コード活用辞典」よりも割とオーソドックスなものばかりで、入門用としてはそれなりだと思っていますが、書く側としては、ある意味「1行」のほうが楽だったような気もします。

……まあ、あれは半分趣味みたいなものでしたから。(^^;)
(関係者の方、すいません)
posted by 土屋和人 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2009年05月20日

新刊情報2009年5月

今月も新しい本が出ました。

……は、いいんですが、AmazonのWebサービスの仕様が変わり、ここで解説している内容とは、いきなり違ってしまっています。
(使用条件的にもちょっと微妙な感じ)



Amazon以外のところについても、校了ぎりぎりまで、結構いろいろと変更が入っていました。
確認はしていませんが、ひょっとしたら他にもすでに変わっているところがあるかも。

Web上のコンテンツやその利用法を、単行本という形で紹介するのは難しい、と改めて思いました。

※タイトルは「Excel VBA〜」ですが、内容は必ずしもVBA一辺倒ではなく、Excelの標準機能Onlyのパートや、Excelとは直接関係のないパートもあります。
最初の企画は「Excel+Web」ということだったので。
版元さんの意向で、最終的にこういうタイトルになりました。(^^;)
posted by 土屋和人 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2009年04月28日

新刊情報2009年4月

見本はちょっと前にもらっていたのですが、ようやくアマゾンにも写真が出ていました。



これまでにも同様の本は何冊もやってますし、収録されている作例も以前にやったようなものが多いのですが、そのたびに少しずつ改良してきたので、以前のものに比べて確実にグレードは上がっているはず……と自分では思っています。(^^;)

ただ、説明に使えるページ数が限られているので、あまり機能を増やしてもその使い方の説明が……というジレンマはあったのですが。
posted by 土屋和人 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2009年01月10日

作例とダミー

Excelなどの仕事ではいろいろな作例を作ることが多いのですが、いつも意外と苦労するのが、ダミーデータの入力です。
人名や会社名、商品名や作品名(書籍や映画など)、さらにその売上などの数値データ……。

紙面上のスクリーンショットだけなら大抵の人はあまり気にしないでしょうが(細かく見ている人もいるようですが)、作例を付属CDやダウンロードなどで提供する場合は、それだけダミーデータが注目される確率も上がります。

人名や会社名などの場合、それほど多くなければ、既存の人・会社の名前、あるいは全然別の単語(「〜しゃ」で終わるものなど)をもじったりして遊べるのですが、大量のダミーデータが必要な場合はもう手当たり次第という感じで、あいうえお順で付けていったりもします。
それでいて、特に会社名などは、できるだけ実在しないものを付けるように気をつける必要があります(絶対に実在していないかどうかを調べるのは困難ですが)。
ちょっとしたジョークのつもりで妙な名前を付け、後から読み返して、自分のセンスの悪さに密かに赤面することもあります。(^^;)

もっと難しいのは数値で、できるだけ妥当な数値を入れておきたいのですが、よくわからない分野(のほうが多いのですが^^;)だと、どの当たりが「妥当な数値」なのかもわかりません。
なので、その業界の人から見たら全然でたらめな数字、ということも結構あると思います。
大量の(でたらめな)数字を手で入力していくのも辛いので、数式やVBAを使って、ある程度の条件を設定して自動入力させる場合もあります。

こういうことを書いて、これまで以上に細かいところまで見られるようになったら困るかな……と思ったのですが、よく考えたらこのブログ自体それほど読まれているわけでもないので、まあいいか。(^^;)
posted by 土屋和人 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年11月14日

新刊情報2008年11月

今日見本が届きました。



この手の本はこれまでにも結構やってます。
まあ、経験を重ねるごとに、作例の品質は一応向上しているのではないかな、と(自分では)思います。

とりあえず2003→2007という環境の変化は、作例の“見た目”においては非常に大きな違いではないか、と。

※なんか今日は、エラーばかり出て、なかなかブログにログインできなかったのですが、また障害だったのかな?
posted by 土屋和人 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年10月21日

IME

Windows Vistaのマシンも当然持ってはいるのですが、仕事ではいまだにXPのマシンをメインで使用しています。
(まだ使えるわけだし、いろいろと移すのが面倒だから、という理由もあります)

Officeは、Vistaマシンには2007、XPマシンには2007と2003を両方インストールしています。
で、表題のIMEですが、メインのXPマシンにはOffice IME 2007と2003が入っており、切り替えて使えるようになっています。

ただ、Office IME 2007はほとんど使用することはなく(動作の検証などで使う程度)、通常はまずIME 2003の、それも「Natural Input」ではなく「IME Standard」のほうを使用しています。
なぜかというと、要するに、それが一番使いやすいからです。

特にOffice IME 2007の問題点については、いろいろと言われていたので、知っている人も多いでしょう。
原稿書きをVistaマシンに移行しなかったのも、ひょっとしたらその問題が(無意識のうちに^^;)あったからかもしれません。

今日、その修正プログラムが出た、ということがニュースになっていました。
とりあえずダウンロードしてインストールしましたが、今後使うかどうかは、少し試してみてから決めたいと思います。
posted by 土屋和人 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年10月14日

IT

同業者……と言ってもどこまでがそうなのかというくくり方も難しいのですが、私と似たような職種の方では、自称「ITライター」という人が結構いるような気がします。

私の場合はほとんどExcel専業なので「PCライター」でもおこがましいと思ってますが(^^;)、逆に、そういう方面ばかりやってるわけでもないしなぁ、という思いもあります。

それはそれとして、「IT」という言葉には、多少の胡散臭さも感じないではありません。
それが示す範囲があいまいで、その実体がいま一つよくわからない、というか……。

まあ、「IT」自体は単なる流行語でもあり、その消費期限もそろそろ終わりかけてるのかも、という気はします。
今は、「IT企業」(これも実態はよくわからない)とか、それこそ「ITライター」とか、何かの修飾語的に使われることが多くなっているような……。
posted by 土屋和人 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年10月09日

マルチ置換ツール

そう言えば、比較的最近にも、VBAで作った業務用の“小物”があったことを思い出しました。

最近と言ってもちょっと前の話ですが、以前勤めていた会社(今でも仕事をもらってます^^;)の人から、用語統一用のマクロは作れないか、と相談を受けました。
たとえば、文章中に「行なう」という単語があったらそれをすべて「行う」に置き換える。それを、複数の用語についてまとめて行いたい、というものです。

基本的には、単に連続して置換できればいいということなので、割と気軽に引き受けました。
検索語と置換語のセットはExcelのワークシートに入力しておき、ExcelのVBAで目的のWord文書を開いて、連続して置換していく方式にしました。
なぜWord文書かというと、それが実際によく使われているということ、それから「変更履歴」を表示させることで、どの単語が置換されたものか確認できるようにしたかった、ということがあります。

マクロとしては比較的シンプルですが、結局、これで一番重要なのが「辞書」の部分、つまり検索語・置換語のセットを作る作業です。
単純に統一したい用語を網羅すればいいというわけではなく、活用形の問題もあるし、置換する順番にも気をつける必要があります。
(確か市販ソフトで、活用形も含めて置換してくれるようなものがあったような気もしますが、当然そこまでは……^^;)
そういう説明をしたうえで、完成したExcelブックを提供しました。

なお、このとき作成したブックに少々手を加えた「マルチ置換ツール」を、私のWebサイトにアップしてあります。
興味のある方は、Downloadのページからどうぞ。
posted by 土屋和人 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事